スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
IC完成~♪
シェル絵師様にリクしていた奴が、昨日受理されたかと思ったら、


もう出来てた


はえぇええ!!!?

あまりの速さにマジでびびる中身。
(だって受理されたの結構遅い時間だったから/確認したの朝の10時ぐらいだったから)

うわー、かっけぇ~。
本当に船長の言うこと聞かなさそうな船員Aだ~♪


本当にありがたい限りですね(*´ワ`*)


シェル絵師様に感謝してます!
本当にありがとうございました~。



後、俺が19Lv。響が15Lvになりました。
やっと称号がつけれるー!(響に)

ってことでつけました。

『先読みの巫女』


ここからが裏設定になっちゃうって中身が言うから反転。



響の力は見ての通り、霊を従わせることが出来るのと。
先(未来)を見ることができるのです。

その力のせいで一族に疎まれ、父親にも捨てられることとなってしまったのです。
(母親も一緒に家を出た)
父親に捨てられたショックで、力(霊を操る)を暴走させてしまい、
父親を殺してしまった過去を持っている。

でも、本人は覚えていません。
当時2歳の子供でしたから。

子供ながらに、言葉足らずに一生懸命、親に話していたのですよ。
未来の話を。
それを気味悪がった父親です。母親とも政略結婚でしたし。
いい人とは言えない人間でした。

子供って、大人の言ってることを理解してないようで、
実はしているんです。
だから、捨てられたことを知って、悲しむ彼女の為に霊が勝手に動いて父親を殺した、のです。

その1年後、母親が自分と義兄である馨を守って死亡。
母親の魂は響の使役ゴーストとなり、守ってくれているわけです。

なんか文章おかしいけど、これが裏設定。
b06722_icon_5.jpg


株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はシェルに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します
スポンサーサイト
【2007/04/09 13:15】 | 過去記事 | コメント(0) | page top↑
<<うおぉ!クガネのアホー。・゚・(ノД`)ヴァァァアァー!!!!(マテ | ホーム | なんとなくでてきたネタ(?)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。